■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■2004年超円高大好況!―基軸通貨ドルがローカル通貨円に救われる時

2004年超円高大好況!―基軸通貨ドルがローカル通貨円に救われる時
増田 俊男
2004年超円高大好況!―基軸通貨ドルがローカル通貨円に救われる時
定価: ¥ 1,575
販売価格:
人気ランキング: 609025位
おすすめ度:
発売日: 2003-12
発売元: ダイヤモンド社
発送可能時期:

なるほど、そうかも知れないな?
イラク戦争の勃発や10月1日の110円の円高をきっぱりと
予言した著者。2004年以降の政治経済予測本。
ブッシュは、アメリカの国益を守る為にひたすら力の政
治を進めるしかない。
対して、我が日本は、世界一の貯蓄大国、世界一のレジ
ャー大国であり、なんと幸せな国民であろうか。
世界の事情に詳しい著者の言葉だけに説得力がある。
「奪われる一方の国」も、発想の展開で「世界で稀な与
える国」と言える。
外交下手の日本だが、本書では、逆に自信を取り戻させ
てくれます。
2005年の1ドル55円の円高、好景気をはじめ、本書の記述
のどれだけが事実なのかは未来にならなければ分かりま
せん。しかし、いろんな予測本が出ている中で、ここまで
大胆に言い切っているのは著者ならではの潔さが気持ち
いい。
様々の記述は著者の考えによるところも大きいと思う。
「まさか」と否定することもひとつだが、
「なるほど、そうかも知れないな」と思えること多い。

2004年日本大復活?!
日本至上主義とも言うべき内容になっています。私は株をしているので増田先生のおっしゃるとおり来年の今頃2万円台、さらに3万円台に向かうようであればかなり利益が出るのでそれはそれでいいのですが。本当にそうなれば一番深刻な年金問題も自然に解決するでしょう。ただ視点が富裕層から見た内容になっているのが気になります。ともかく来年は目が離せない年にはなりそうです。

大胆さが気持ちいい本です
2004年以降の政治経済予測本。
ブッシュは、アメリカの国益を守る為にひたすら力の政
治を進めるしかない。
対して、我が日本は、世界一の貯蓄大国、世界一のレジ
ャー大国であり、なんと幸せな国民であろうか。
世界の事情に詳しい著者の言葉だけに説得力がある。
「奪われる一方の国」も、発想の展開で「世界で稀な与
える国」と言える。
外交下手の日本だが、本書では、逆に自信を取り戻させ
てくれます。
2005年の1ドル55円の円高、好景気をはじめ、本書の記述
のどれだけが事実なのかは未来にならなければ分かりま
せん。しかし、いろんな予測本が出ている中で、ここまで
大胆に言い切っているのは著者ならではの潔さ。
様々の記述は著者の考えによるところも大きいと思うが、
「なるほど、そうかも知れないな」と思えること多い。

スポンサーサイト

プロフィール

kenjirou12fxman

Author:kenjirou12fxman
研二郎⇒平々凡々なしがないサラリーマン。どんなに疲れていてもFXは勉強してる。今はまだ甘ちゃんだが、早期リタイアが目標。

忍者

相互リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。